能登の魚を使ったレシピ 魚について考える

刺身が残ってしまった!!刺身を使ったアレンジレシピを紹介します!

更新日:

刺身をたくさん買ってきて余ったことはありませんか?

切り身などでしたら、その日のうちに食べなくても大丈夫ですが、刺身はできる限りその日に食べてしまいたいですよね。特に、ブリ、サバ、アジなどの色変わりの早い魚はそうだと思います。

今回は、刺身が残った時のアレンジレシピを紹介します。

醤油と本みりんで簡単に「漬け」を作ろう!

刺身が余った時の定番、「魚の漬け」。漬けのタレはとても万能で他の調味料を合わせることでレシピの幅が広がります。

まずは基本。魚の漬けの作り方

1.漬けダレを作る・・・濃い口しょうゆと本みりんを同量(計量カップがない方は、コップやお玉で1杯分づつはかれば簡単です)を保存容器に入れる。

これだけです。きれいに洗って水気をきったペットボトルなどに入れておくと簡単でいつでも使えます。

地方によっては甘い醤油もあるので、お好みの醤油をお使いください。

2.刺身を漬ける

刺身をボウルに入れ、漬けダレを刺身が隠れる程度に入れます。5分ほどで十分に味が染み込みますので、漬けダレから刺身を上げて完成です。

残った刺身で魚のユッケを作ろう!

居酒屋でも魚を使ったユッケを食べたことがあると思いますが、家でも簡単に作れます。

1.漬けダレにごま油を少量入れる。これだけです。ごま油の風味がとても食欲をそそります。甜麺醤や豆板醤、白みそを少量入れてより本格的なユッケ風にすることもできますが、ごま油だけでも十分美味しいです!

2.ごま油を入れた漬けダレを刺身が隠れる程度に入れて、5分ほど漬け込む。

3.漬けダレから漬け込んだ刺身をあげ、さらに盛り付けて完成。サニーレタスをユッケの下に敷くと見た目もより美味しそうになります!

余った刺身を唐揚げにして1品作ろう!

刺身を油で揚げることでさらに色々な料理ができるようになります。

フクラギ 唐揚げ

フクラギの身を1度揚げしたものです。こういう風にすると2~3日ほど保存できます。

余った刺身で南蛮漬け!

1.まず、刺身に薄めに塩コショウして、粉をつけて1度揚げします。

2.2度揚げして余分な油をきったら、熱いうちに南蛮漬け用の酢に入れます。南蛮漬けの酢は、米酢、しょうゆ、砂糖、水などを入れて作ります。酢を入れすぎるとすっぱすぎて食べられませんので気を付けましょう!

3.魚の身が入った酢の中に、玉ねぎ、にんじん、ピーマンなど南蛮漬けに合う野菜をいれてしばらく置いて味を染み込ませたら完成です。

旬の野菜を使った魚のあんかけ

1.ナス、シイタケ、ニンジン、玉ねぎなど炒め物に合う野菜をフライパンで炒めて下味をつけます。

2.下味をつけたら、醤油、砂糖、みりんなどを入れた汁をフライパンに入れます。野菜全体に火が通ったら、水溶き片栗粉を少しずつ入れながらとろみをつけます。

3.油で2度揚した魚をさらに盛り付け、野菜の入ったあんを上からかけて完成です。

ユッケ同様に、あんかけのあんにごま油を入れたりして和風以外の魚のあんかけを作ることができます。

 

※この記事は今後もレシピを増やしていきます。近日中に、料理の完成品の画像や他のレシピも載せますので、今しばらくお待ちください。

-能登の魚を使ったレシピ, 魚について考える

Copyright© 寒ぶりの刺身が食べられる魚屋さん|したひら鮮魚店| , 2019 All Rights Reserved.