お知らせ

能登の寒ぶりが水揚げされてます!

更新日:

2018年 能登寒ぶり

2018年、「能登寒ぶり」が水揚げされ始めました。今年は11月中旬に約1000本が水揚げされ、ニュースになるほど多く水揚げされていました。その後は一気に水揚げ量が減りましたが、11月下旬はそこそこ獲れていました。

12月3日現在、日本海側で多くブリが獲れています。

2018年能登の寒ぶり 脂ののりは?

11月から丸々太ったブリが水揚げされていてしたひら鮮魚店でも県内外の料理屋さん、鮨屋さんに卸させていただいています。料理屋さんが使用するブリは10kg以上のブリがほとんどで脂もよくのっています。

10kg以下のブリでも丸々したブリは脂がのってとても美味しいですよ!11月中旬に個人のお客様からご注文頂いたブリもとても脂がのっていて、「美味しくいただきました。家族も喜んでいます!」とメッセージもいただきました。

期間限定!能登の寒ぶりお刺身セットも販売開始

2018年12月1日より「期間限定!能登の寒ぶりお刺身セット」の販売を開始しました。能登の寒ぶりを刺身にして真空パックしてお客様の元にお届けしています。

 

 

能登の寒ぶりの1本買い、半身買いもおすすめ

能登寒ぶり能登の寒ぶりを「頭から尻尾まで味わい尽くしたい」という方は、1本買い、半身買いもおすすめです。さきほどご紹介した個人のお客様はブリ半身買いされました。寒ぶりの刺身、寒ぶりしゃぶしゃぶ、寒ぶりの頭を使ったブリ大根など寒ブリ尽くしができますよ!!

寒ぶりは刺身・しゃぶしゃぶ用に真空パックやブリ大根ようにアラを調理しやすい大きさに切ってお届けするので、ブリ丸々1本を捌く必要はありません。

また、「人数が少ないからブリ半身だと多い」という方は、人数分の刺身用柵、焼物用切り身も用意させていただきますので、一度ご連絡下さい。

よくお客様から「ブリ1本大体いくら?」と聞かれますが、ブリの価格は変動がとても大きいので、その日の価格をお伝えしております。「寒ブリ半身で2万円で!」などある程度のご予算には対応できますが、水揚げ量やご要望の寒ぶりの大きさによってはご予算の範囲で収まらないことももちろんありますので、その時はご連絡させていただきます。

能登の冬の味覚「能登寒ぶり」をぜひ食べてください!

能登寒ぶりの刺身

能登の冬の味覚といえば「能登寒ぶり」です!食べると感動すること間違いなしです!!

2018年、今のところ水揚げも比較的安定していて、価格も昨年に比べると安くお買い求めいただけます。刺身、しゃぶしゃぶ、ブリ大根、塩焼きなどどんな料理にしてもご満足いただけるブリをご提供いたします!

※当店は、魚を捌きながらのお電話の対応となりますので、お電話に長く対応できない場合がございます。ご了承ください。メールでの対応でしたら、より詳しく説明させていただけます。

-お知らせ

Copyright© 寒ぶりの刺身が食べられる魚屋さん したひら鮮魚店 , 2018 All Rights Reserved.