お知らせ

2月におすすめの能登の魚-タラ、アンコウ、ウマヅラハギ-

更新日:

2月におすすめの能登の魚は鍋で美味しく食べましょう!

2月に入り、鍋がますます美味しい季節になってきましたね。2月に入ると鍋に入れる魚が多くなり、比較的安く手に入ります。長ネギ、白菜などの冬野菜とシイタケ、エノキ、豆腐などと一緒に鍋をすると身体がとても温まります。鍋でおすすめの味は、昆布だしに薄めの塩か醤油。薄めの塩の場合、ポン酢で食べるのがおススメです。

今回は、2月におすすめの魚を紹介します。

2月におすすめの能登の魚 1.マダラ

タラ

タラ 子つけ

能登では、タラは刺身や鍋、焼物、煮物、フライなどで食べます。何度か紹介しましたが、能登で食べる刺身は「タラの子つけ」。炒ったタラの真子を新鮮なタラを刺身にしてまぶします。したひら鮮魚店ではタラを軽く昆布〆してから子つけにしています。

また、大好きな方も多い「タラの白子」。酢の物、鍋、天ぷらなどが定番ですね。トロトロで濃厚な能登のタラの白子は絶品です。

タラは捨てるところがない!と言われるほど味わい尽くせる魚です。身はもちろん頭、胃袋、エラ、白子などすべて入れて鍋にするととても美味しいですよ。

2月におすすめの能登の魚 2.ウマヅラハギ

ウマヅラハギは寒い冬の間はずっとおすすめできるくらいの魚です。冬は肝の味も濃厚でウマヅラハギの刺身が最も人気です。お客様からウマヅラハギの肝を入れてお刺身に!というご注文がとても多いです。また、ウマヅラハギも鍋にすると出汁が出て美味ですよ。肝を一緒に入れて鍋にするとより一層美味しく食べられます。

ウマヅラハギは、骨離れがよく、小骨の量も少ないので、小さなお子様も食べやすい魚です。

2月におすすめの能登の魚 3.アンコウ

高級魚アンコウ。2月に入るとそのアンコウもだいぶお手頃価格になります。白身でぷりぷりな身は鍋でグツグツにても全く煮崩れしないくらいに締まっています。骨や内臓を一緒に入れて鍋にすると出汁が出て美味しいです。またタラと同様に捨てるところがない魚ともいわれています。

濃厚なアン肝もとても美味しいです。鍋はもちろん、茹でてアン肝の酢の物もとっても美味しいんです!

あまり知られていませんが、アンコウは唐揚げもとっても美味しいです!

 

2月におすすめの魚を捌いてお届けします!

今回ご紹介した魚を捌いてお届けいたします。お客様のご家族の人数やご予算に合わせて発送いたしますので、お気軽にご注文、ご連絡下さい。精いっぱい造らせていただきます!

 

-お知らせ
-, , ,

Copyright© 寒ぶりの刺身が食べられる魚屋さん|したひら鮮魚店| , 2019 All Rights Reserved.