能登の魚の捌き方とレシピ

アオリイカの捌き方とレシピ

更新日:

肉厚で甘みのあるアオリイカ

アオリイカは、9月上旬から揚がり始めます。秋が深まるにつれてアオリイカは大きくなり、肉厚になっていきます。獲れ初めは小さくても甘みがあり、大きくなると数日ねかせることでより甘みが増していきます。大きくなりすぎると味が全く無くなるので、大きすぎないアオリイカがおススメです。

能登では、9月中頃から釣り人が堤防でアオリイカ釣りをしているのをよく見かけるようになります。最近では、アオリイカ釣りの解禁時期が決まっていてそれ以前にアオリイカを釣るのは禁止されるようになっています。ちなみに、能登ではアオリイカのことを「クチイカ」とも呼んでいます。

秋の味覚であるアオリイカ、刺身や酢の物、煮物にしても美味しいイカを捌きましょう!

アオリイカの捌き方

アオリイカの捌き方を紹介します。刺身や酢の物にするときは、皮をむくところまで行います。

1.アオリイカの胴とげその部分を取り除き、開く。

アオリイカを画像のように置きます。

胴とゲソをつなげている部分が中にあるので、そこを指で押さえながら、ゲソを引き抜きます。スミ袋をつぶさないように慎重にしましょう。

引き抜くとこんな感じです。次に、胴体を開きます。

 

画像のように置き、上から下へ包丁を入れます。軟骨に包丁が当たる程度に切りましょう。あまり力を入れると軟骨の向こう側の身まで切ってしまう場合があるので注意しましょう。

開いたら、なんこつと胴に残った内臓を取り除きます。

水に浸けて洗うと刺身にしたとき、水っぽくなるので、画像のように洗った方がいいです。きれいになったら、水気をよく切っておきます。

2.ゲソを捌く。

まずは内臓(茶色いドロッとした部分)にを軽く切ります。

次に、目玉の下に包丁を入れた後、口を取り除きます。口は指を入れて無理やり取っても大丈夫です。

内臓、目玉を取り除きながら流水してきれいに洗い流します。よく水気を切っておきましょう。

3.胴と耳の皮をむく。

きれいなまな板を用意します。

内側にある画像のような筋や薄皮を取り除きます。濡れたタオルやキッチンペーパーを使うと取りやすいです。

裏返して胴の上の部分から耳をつかんで皮をむきます。

 

皮をむいたら、下部分を少しだけ切り落とします。次は耳の皮むきです。

まずは、耳の少し硬い部分を取り除きます。コリコリしてるのが好きでしたら取り除かなくても大丈夫です。

画像のように捌いてください。

 

できるだけ薄く取り除きましょう。こうすることで切った時につながりにくくなります。

耳の皮をむきます。どちらでもいいので、端からむくときれいにむけます。

これで下処理は完成です!

 

 

アオリイカを使ったレシピ

アオリイカを使ったおすすめのレシピを紹介します。

1.アオリイカの刺身

食べやすい大きさに切ります。目安として、指3~4本文の長さがちょうどいいですよ。

もし、身が厚ければ画像のように少し、切れ目を入れるといいです。

盛り付ける皿に、大根、大葉をのせて準備ができました!

できるだけ細く切ります。きれいに並べるために包丁をできるだけ縦にして手前に引いて切ります。

切るとこんな感じです。

切った後、包丁をイカの下に入れてさらに盛り付けます。

大葉が少し隠れる程度の場所に刺身をのせます。

のせたら、もう一つの身も同様に切って盛り付けます。

耳はきれいに並べなくてもいいので、細く切りましょう!

耳は歯ごたえがあるので、細く切った方がいいです。

ゲソを細かく切ります。ゲソは、軽く包丁でたたきます。

少し見にくいですが、ゲソに少し細かく切り込みが入ってるのが分かりますね。

 

げそ部分と内臓部分をそれぞれぶつ切りします。

イカ耳、ゲソを盛り付けて完成です。ワサビもいいですが、生姜もおすすめですよ!

ゲソは生でも美味しいですが、硬くなりすぎない程度に茹でてもとても美味です!!

アオリイカの刺身の捌き方いかがでしたか?秋に旬を迎えるアオリイカは、肉厚で食べ応えもありますよ!他にも天ぷらや煮つけなども美味しいです。

 

捌くのが大変だけど食べたい!」と思った方は、捌いた魚をお届けする『旬の魚を産地直送!能登の魚お任せセット』をご覧ください。できる限り、ご要望に対応させていただきます!⇒⇒⇒『旬の魚を産地直送!能登の魚お任せセット』はこちら!!

-能登の魚の捌き方とレシピ

Copyright© 寒ぶりの刺身が食べられる魚屋さん したひら鮮魚店 , 2018 All Rights Reserved.